お知らせ

最終更新日:

「研究発表会および建築デザイン発表会中止にともなう発表登録費の扱いについて」 (登録 2020年2月26日)

新型コロナウイルス感染症が拡大している現状を踏まえ、日本建築学会九州支部では、2020年2月29日(土)~3 月 1 日(日)に熊本大学で開催を予定しておりました、「2019年度 第59回 日本建築学会九州支部 研究発表会」および「2019年度 第1回 日本建築学会九州支部 建築デザイン発表会」を中止する判断に至りました。これにともなう発表登録費については以下のとおりと致します。

口頭発表は実施されませんが、研究報告および建築デザイン発表梗概は、既に「日本建築学会研究報告 九州支部 第59号・日本建築学会九州支部建築デザイン発表梗概集 第1号」(CD-ROM版)に収録・送付され、2020年3月1日付で公開されますことから、収録された範囲での発表は成立したものと認定いたします。

したがいまして、収録された内容は、これまでの研究発表会と同様、「2019年度 第59回 日本建築学会九州支部 研究発表会」および「2019年度 第1回 日本建築学会九州支部 建築デザイン発表会」で発表されたものとして扱うことといたします。
よって、発表登録費は返金いたしませんのでご了承ください。

日本建築学会九州支部
支部長 尾崎明仁

上記内容のお知らせをダウンロードする  pdf版  word版


「日本建築学会九州支部研究発表会等の中止について」 (登録 2020年2月26日)

日頃は日本建築学会九州支部の活動にご配慮をいただき誠に有難うございます。
3月1日(日)に予定しておりました「第59回 日本建築学会九州支部研究発表会」,「第1回 日本建築学会九州支部デザイン発表会」,および付随行事につきまして,新型コロナウィルスの感染拡大に係る以下の理由により,やむなく開催を中止させて頂くこととなりました。

中止理由
・研究発表会参加者の中から新型コロナウィルスの感染者がでた場合,開催校の入学試験(後期日程)への影響が避けられず,多大な迷惑を掛ける。
・新型コロナウィルスの感染が全国的に拡大しており,感染源や感染経路が判明していない症例が増加している。
・福岡や熊本でも感染が見られることから,今が重要な時期という政府指針(2月25日発表)に従い,感染の機会を減らしクラスター感染の防止に努める。

出席を予定されていた皆様,関係者の皆様には,ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

日本建築学会九州支部
支部長 尾崎明仁


災害フォーラム「天災は忘れた頃来る-佐賀の災害への備えと住まい-」 (登録 2019年12月2日)


「第7回建築談叢さが」 (登録 2019年11月13日)


2019年度日本建築学会 九州支部後援事業
「セメント系固化材の利活用セミナー –セメント系固化材の拡がる用途と役割-」 (登録 2019年10月7日)


2019年度日本建築学会 支部共通事業
「建築基礎構造設計指針」改定講習会 《福岡会場》 (登録 2019年9月2日、修正10月7日)

詳細はこちらをご覧ください

2019年度建築文化事業<建築文化週間2019>参加事業
シンポジウム 「大分県下旧小城下町の歴史的景観を活かしたまちづくりの課題と可能性」 (登録 2019年9月2日)


第47回 九州環境工学シンポジウムのご案内  (登録 2019年7月17日)

第47回九州環境工学シンポジウム
<日 時>2019年8月30日(金)-31日(土)
<講演者>東京大学教授 野城 智也 先生
<演 題>「IoT による生活空間の Digital Transformation」
<会 場>かんぽの宿北九州 TEL:093-741-1335
       〒808-0123 福岡県北九州市若松区有毛2829
       https://www.kanponoyado.japanpost.jp/kitakyushu/index.html

詳細はこちらをご参照ください。 ポスター (pdfファイル) 参加申込書(Excelファイル)

7月31日(水)までにお申し込みをお願いいたします。
お申込送付先等は以下のアドレスとなっております。
 お申込送付先:kyukansympo★gmail.com(★を@に変えてください)
 お問わせ合先:fukuda★kitakyu-u.ac.jp(★を@に変えてください)


2019年 日本建築学会賞(作品)受賞者記念講演会「作品を語る」 (福岡会場) (登録 2019年6月11日)

<受賞作品>
新豊洲Brillia ランニング スタジアム  
 武松  幸治  ((有)E.P.A環境変換装置建築研究所取締役)
 萩生田 秀之  ((株)KAP代表取締役)
 喜多村  淳  (太陽工業(株)設計本部東日本設計部設計課長)

桐朋学園大学調布キャンパス1号館  
 山梨  知彦  ((株)日建設計常務執行役員設計部門プリンシパル)
 向野  聡彦  ((株)日建設計フェロー役員エンジニアリングフェロー)

<共 催> 日本建築学会、日本建築学会九州支部、九州産業大学建築都市工学部
<協 賛> 株式会社 総合資格/総合資格学院、東京ガス株式会社

<日 時> 2019年7月5日(金)18:30~20:10(開場18:00)
<会 場> 九州産業大学 1号館S201番教室(福岡県福岡市東区松香台2-3-1)

<プログラム>
 開会の挨拶 :尾崎明仁(九州大学教授/日本建築学会九州支部長)
 記念講演:武松幸治(前掲)、萩生田秀之(前掲)、喜多村淳(前掲)、山梨知彦(前掲)、向野聡彦(前掲)
 パネルディスカッション:
     講演者+倉方俊輔(大阪市立大学准教授/2019年日本建築学会賞選考委員会作品部会幹事)
 司 会 :冨田英夫(九州産業大学准教授)

<参加費> 無料
<定 員> 300名
<申込み> Web申込み
<福岡会場の申込みURL> https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=616729
<問合先> 事務局 事業グループ 五領田 TEL03-3456-2056 goryoda★aij.or.jp(★を@に変えてください)


都城市民会館 見学会「市民会館を記憶する」 (登録 2019年5月28日)

都城市民会館は1966年にオープンし、1980年に屋上の楽屋等の増改築が実施されました。1993年までに1階式場では4241組が結婚式を挙げ、成人式や多数の催事が行われ多くの市民に親しまれてきましたが、都城市総合文化ホールができ、2007年に都城市民会館は閉館されました。一旦は解体が議決されましたが、2009年より20年間、南九州大学に無償貸与されました。諸般の事情でこれまで未利用な状況が続き、南九州大学が都城市に市民会館を返還することになりました。再生に大きな費用が必要との説明が2018年3月にされましたが、一般社団法人日本建築学会が検討し廉価で再生可能な方法や活用案を都城市に報告致しました。しかし、民間事業者が見つからなかったことから、2019年度の都城市予算に解体費が計上され、7月から解体工事がはじまる予定です。大変残念な状況ですが、日本建築学会会員を対象とし、解体前に見学会を実施することになりました。

詳細はこちらをご覧ください。  ポスター

日本建築学会 後援事業
こども環境学会2019年大会(九州) (登録 2019年5月9日)
詳細はこちらをご覧ください。  ポスター

「暑中コンクリート施工指針」改定講習会【福岡会場】 (登録 2019年4月30日)
詳細はこちらをご覧ください。

戦後,長崎の復興 (登録 2019年4月3日)
詳細はこちらをご覧ください。  ポスター

2019年度 日本建築学会九州支部 「通常総会」 (登録 2019年2月22日)
ポスター (pdfファイル)

2019年度日本建築学会 支部共通事業
第60回全国大学・高専卒業設計展示会 九州地区開催のご案内 (登録 2019年2月22日)
入場は無料です。

建築デザイン発表会 (登録 2019年2月22日)
詳細はこちらをご覧ください。  ポスター

日本建築学会九州支部 後援事業
日本マンション学会2019福岡大会 (登録 2019年2月5日)
詳細はこちらをご覧ください。

戻る